9月セミナーの動画をUPしました

公共政策ラボ9月セミナーは大好評でした。動画をUPします

今年からスタートしている「公共政策ラボ連続セミナー」は好評につき9月セミナーも前回、前々回同様、「大阪を知り・考える市民学習会」と共催で開催しました。

9月セミナー

テーマ  『大大阪時代からみる大阪 ~その3』(動画はここをクリック)
      立命館大学 政策科学部 森 裕之教授
日 時   2015年9月8日(火) 


公共政策ラボ8月セミナー動画UP

森教授をお迎えしての「8月セミナー」の動画

公共政策ラボ8 月セミナーは、7月に続き、(大阪を知り考える市 民の会・公共政策ラボ)
共催の形で開催いたしました(8月20日:NSビル)

講師は立命館大学 政策科学部 森裕之教授 1967 年大阪府生まれ。大阪市立大学商学部、同大学院経 営学研究科後期博士課程中退後、高知大学助手。その後、 高知大学専任講師、大阪教育大学専任講師・助教授をへて、 2003 年から立命館大学政策科学部助教授。2009 年よ り同教授。財政学とくに地方財政と公共事業を専攻。また、 社会的災害(アスベスト問題など)についても公共政策論 としての立場から考察。市町村や都道府県の財政を通じて 住民生活や企業活動にどのような影響を及ぼすかを主に 検証しています。

当日のセミナーの模様を収録した動画(クリックをUPしました。


公共政策ラボ9月セミナーのおしらせ

公共政策ラボ連続セミナーのお知らせです。

9月セミナーは大好評につき7月、8月につづき、立命館大学の森 浩之教授を講師に迎え
大大阪時代からみる大阪~その3』を開催いたします。

(大正末期から昭和初期の関一市長時代の壮大な大阪をみる視点を学び、大阪独自の成長の道を探ります)

実施日は9月8日(火曜)19時です。日にちが近く申し訳ありません。詳しい内容は添付資料をご覧ください。満員になり次第締め切ります。

入場無料ですのでお気軽にお誘いあわせの上ご来場ください。
(ただし公共政策ラボおよび翔の会会員限定です(一般の方は入場できません)

前回は満席の好評でした。早めに申しこみをお願いします。

公共政策ラボ9月セミナーのお知らせ(クリック)


8月セミナー満員御礼

公共政策ラボ8月セミナーの参加受付は締め切りました。

大阪市の住民投票を通じで、私たちは住民としてもっと自分たちの住んでいる自治体のことを知らないといけないと感じ、もっと積極的に関わっていくことが必要な時代になってきていると強く感じました。そこで、公共政策ラボでは『大阪を知り・考える市民の会』と共催で学習会「8月セミナー」を「7月セミナー」に続き開催することとし、皆様にご案内してきましたが、好評で参加申し込みが予定を超えました。
新たな参加申し込みはお受けできなくなりましたので、お知らせいたします。
ご了承をお願いいたします。

講師は前回に引き続き、森裕之教授(立命館大学)に務めていただきます。
なお、セミナーの模様は後日「研究活動報告」欄で動画で公開予定です。


公共政策ラボの連続セミナー「8月開催」につきまして

公共政策ラボの連続セミナー「8月開催」につきまして

8月セミナーは好評につき7月につづき、「大阪を知り・考える市民学習会」と共催で立命館大学の森 浩之教授を講師に迎え
大大阪時代からみる大阪 ~その2』を開催いたします。
(大正末期から昭和初期の関一市長時代の壮大な大阪をみる視点を学び、大阪独自の成長の道を 探ります)

 詳しい内容は(公共政策ラボ8月セミナーのお知らせ)をご覧ください。満員になり次第締め切ります。(会員の方は案内メールご参照)

尚、今回のセミナーも公共政策ラボ、翔の会、大阪を知り・考える市民学習会、各会員限定です一般の方は入場できません。


公共政策ラボ7月セミナー動画UP

森教授をお迎えしての「7月セミナー」の動画

公共政策ラボ 7 月セミナーは、『大阪を知り・考える市民の会』が新たに市民学 習会を開くことになりましたので、同会のご厚意に甘え、(大阪を知り考える市 民の会・公共政策ラボ・翔の会)三者共催の形で開催いたしました(7月14日:NSビル)

講師は立命館大学 政策科学部 森裕之教授 1967 年大阪府生まれ。大阪市立大学商学部、同大学院経 営学研究科後期博士課程中退後、高知大学助手。その後、 高知大学専任講師、大阪教育大学専任講師・助教授をへて、 2003 年から立命館大学政策科学部助教授。2009 年よ り同教授。財政学とくに地方財政と公共事業を専攻。また、 社会的災害(アスベスト問題など)についても公共政策論 としての立場から考察。市町村や都道府県の財政を通じて 住民生活や企業活動にどのような影響を及ぼすかを主に 検証しています。

当日の動画(大大阪時代のよき大阪についてのお話です)


公共政策ラボ7月セミナーにつきまして

PPLでは毎月連続セミナーを開催していますが、7月は『大阪を知り・考える市民の会』のご厚意により翔の会も含め三者共催の形で開催します。

「大阪市の住民投票を通じで、私たちは、住民として、もっともっと自分たちの住んでいる自治体のことを知らないといけないと感じましたし、もっと積極的に関わっていくことが必要な時代になってきていると強く感じました。

特に新自由主義が蔓延し、声が大きなもの、図体がデカいものの意見が通るようになってしまっていて、市民一人一人が声をあげることでしか、自分たちが幸せに感じ、住みやすい街を作ることができにくくなってきたように感じています。」
(以上:大阪を知り・考える市民の会代表中野雅司氏談)

【講演テーマ】

『大大阪時代からみる大阪 ~その一』(仮題)
 関一の壮大な大阪をみる視点を学び、大阪独自の成長の道を探る。

【講師】 立命館大学 政策科学部 森裕之教授

【日時】平成27年 7月 14日 (火曜日) 19時
【場所】 大阪市中央区谷町2-2-22 NSビル 9F
※定員が御座いますのでお申込みはお早目に。
 必ずメールにてお申込みください。 一般の方は参加できません。
 公共政策ラボ及び翔の会メンバーはまずそれぞれのメールアドレスへ
 お申込みください。詳しい案内を送ります。